どうでもいいことでずっと悩んでいました。

小学校低学年くらいの時のことです。裏の家に住む自分より少し小さな女の子の家で遊んだ帰りに、その子にプラスチックでできたピンク色の櫛をもらいました。家に帰って喜んで親に報告したら「返して来なさい」と怒られたんです。そして返したくないわけではなかったのですが、なんだか返しに行く勇気がなくてこっそり公園の木の下に埋めました。それから結構何年もの間、もし櫛が見つかったらどうしようと怖かったのを覚えています。親の言いつけを破り、返したと嘘までついたのでとても罪悪感を感じていたのでしょう。当時の私にとってとても可愛い素敵な櫛を返さずに埋めてしまったこと自体もとても後悔したんだと思います。公園の木の植え替えの時に、もう中学生になっていたのにそれでもまだなんだかドキドキしました。
今思えば返すことなんて簡単なことだし、返せなくて埋めたと言ってもそんなにずっと怖がる程の悪いことをした訳じゃないんですよね。ちょっと勇気をだして返しに行けばよかったのに、子供ってしょうもないことを真剣に悩むものなんですね。

j0a3kLk6TG3C

繁華街でかくれんぼ、今思うとぞっとする!

私が5歳の頃の出来事です。
家から徒歩で10分くらいの繁華街へ、母と二人食事をしに出かけました。
食事を終えて、母がレジの前で会計をしている間に、ひとりで店の外へ出た私。
2、3件先の建物の陰に隠れました。
「母が来たら、急に出て行ってびっくりさせてやろう」と待っていたのですが・・・。
何分経っても母が現われません。
心細くなり、隠れるのをやめて辺りを探し回るも、母の姿はなし。
置いて行かれたのだと思い、家のあるほうを向いてワンワン泣いていたところへ、母が駆け寄ってきました。
怒られ、抱きしめられ、ますます大声で泣いたことを覚えています。
そんな私も今、ちょうど5歳の娘の母親です。
娘が同じことをしたら、と想像しただけで、動悸がして息苦しくなるくらいです。
自分が母親になって初めてわかる、あの時の母の気持ち。
ひとりで家に帰ろうとして迷子になったのかしら。それとも誰かに連れていかれた?
母が慌てふためいて私を探していた姿が目に浮かびます。
繁華街でかくれんぼ、今思うとぞっとしますね。娘によく言い聞かせておかなければ!

j0a3kLk6TG3C

子供の頃、よそのお家の庭の木苺をとってしまったこと

私が8歳くらいの時のできごとで、今も印象に残っていることがあります。
友達と遊んでいた時、全く知らない、よそのお家のお庭に、木苺がなっていると教えてもらったのです。その子は木苺を取って食べたことがあると話していました。
話を聞いていたら私も食べてみたくなり、友達と一緒に、そのお家に行ってみることにしました。
そのお家はフェンスで囲まれていましたが、子供でもすぐに乗り越えられる高さのものでした。庭には確かに木苺の木があり、つやつやと赤い実は宝石のようで綺麗でしたし、とても美味しそうに見えました。
そのお家の人とは友達も私も顔見知りではなく、会ったことすらありませんでした。よそのお庭に入って木苺を取って食べるなど、いけないことですが、誘惑に負けて、こっそりお庭に入ってしまったのです。
友達と二人で木苺を取って食べていると、庭に人がいる気配を感じたのか、中から家の男の人が出てきました。険しい顔をしていましたが、私たちが子供なのが分かると、表情を緩め、でも、よそのお庭に入って、こんなことはしていけないよ、と優しく諭されました。
私たちは固まってしまい、ちゃんと謝れたのかどうかよく覚えていないのですが、とにかくお家の人は許してくれたため、そのまま帰りました。
その後、同じようなことは二度としませんでした。
よそのお家の庭に入って勝手に木苺を食べるなんて、本当にいけないことをしてしまったと、今でも反省しています。優しく、でもしっかり諭してくれたお家の人は、立派な大人だったと思います。

j0a3kLk6TG3C

初めての七五三

私が印象に残っているのは3歳の時の七五三です。私は和装をして写真館で撮影をしました。
私は初めての撮影でしたし、和装の様な格好をした時もその時が初めてだったので、すごく緊張していたことを今でも覚えています。
子供時代は人見知りということもあり、写真撮影の際に笑顔を作るのもうまくできなかったのですが、父と母が笑っている姿が見えてほっとしたことを覚えています。
そんな中撮れた写真は、すごく固まってしまって首がなくなっている写真でした。
当時はみんなにその写真を見られると「おばあちゃん」と言って笑われていました。
今その写真が手元にあるのですが、今でも緊張感が伝わってきていてとても自分でも楽しく見ています。

当時のことを考えると、とても微笑ましいなと思いますし
今でもしっかりと思い出に残っているので写真を撮ることを設定してくれた親にとても感謝したいです。
また自分の子供ができた時も同じように写真を撮っていきたいです。

j0a3kLk6TG3C

激昂していた担任の先生

小学4年生の時の、担任の先生についてです。40代くらいの女性の先生で、怒ったらとても怖いということで有名でした。普段はおもしろくてユーモアのある先生だったのですが、ある日クラスの女の子が宿題を忘れてしまい、そのことにとても激怒していました。最初は「いつもの怒りモードだなぁ。そこまで怒らなくていいのに」と見ていましたが、その女の子が泣き出してしまった途端、先生の怒りが頂点に達したようでした。
その瞬間、女の子の胸のあたりを思いっきり押して、突き飛ばしました。女の子は衝撃で、後ろにあった机や椅子ごと、漫画のように勢いよく倒れこんでしまいました。女の子はぐったりとしているのに、それでも尚先生は激昂しており、近くをたまたま通りかかった別の先生が「ちょっと、落ち着いてください」と止めに入ってくれました。
あの頃は「本当に怖い先生だ」という恐怖でいっぱいでしたが、今思えば「やりすぎなのでは」「よく問題にならなかったなぁ」と思います。

j0a3kLk6TG3C