あの時から自分に甘かった

小学4年生の時、私はずる休みをよくしていたときがありました。今の小学生など学生達の問題でもある「学校に行きたくない」。今ものすごく多いと聞きます。実際私の会社の周りにもいました。でも私もそういう時期があり気持ちが分かるなと思っています。
私が行きたくなかった理由はただ単に先生が嫌いだったから。その先生は勉強が出来る・出来ないでかなり差別をする先生でした。でも私は学年で1番成績が良くてその先生からも優遇されていました。でもその先生のやり方や怒り方が嫌だったのかもしれません。また、そのときは腹痛に悩まされていました。3日ぐらい腹痛が続き学校に行きづらくなり、1週間ほど休んでいました。ですが無理矢理先生が「来い」と言われ無理に行きましたが、友達には距離をおかれ、勉強も全然ついていけなかったのを覚えています。今思えばビビリだなと、小心者だと情けないです。
多分学校行きたくない子供達が多いと言われ、私も経験者ですが、小学校よりも中学校の方が人付き合い・勉強が辛いし、中学生より高校生の方がもっと辛いし、それよりも大学生の方が辛いし。もっともっとそれよりも社会人の方が辛い・厳しいです。小学校でなんかつまづいていたら何も出来ません。頑張って強くなってほしいです。

j0a3kLk6TG3C

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です