私は犯人じゃない!

今から数十年前、初めて小学校1年生になった私。担任は40代女性で怖い先生でした。叩いたりは、日常茶飯事でみんな怒られないよう顔色を伺って、のびのびなんて出来ません。萎縮しながら毎日学校生活を送ってまいました。なんせ小学1年生ですから、よそ見、手遊び、無駄話などすぐに直るはずがありません。その度に叩いたり大声を出したりする先生は、愛をもって叱っているようには思えません。自分のストレスを何も知らない純粋な小さな子供たちにぶつけているようにしか思えない行動です。あの当時でさえPTAや保護者から苦情のあった先生を、しかも1年生の担任にさせるなんて、教育委員会もおかしいです。今、当時の先生と同じ年代になり振り返っても、やっぱり人としておかしいなと感じています。一番嫌いな先生です。今も私の心に傷があります。理科の実験の際にあった出来事です。使用後の試験管を水道場でキレイに洗っていました。一緒に友達の早苗ちゃんも洗っていました。すると早苗ちゃんの手からスルリと試験管が落ちて割れてしまいました。一緒に片付けるために私は試験管を置いて、割れた試験管をかき集めていました。そこへ、担任がやってきました。「誰が割ったの?」と怖い声で叫びます。震えた早苗ちゃんは口を開きません。自分が割ったと申告しないのです。担任は私が割ったんだね!と決めつけました。「私じゃない!私は割ってない!」主張しました。早苗ちゃんは黙っています。結局、試験管は私が割った。ということに決めつけられました。そう早苗ちゃんは素直で先生のお気に入りでしたから。私を犯人にしたのです。早苗ちゃんは私にも謝りません。数十年の時間が経っても、一生この傷は消えません。今でもその嫌いな先生は元気に生きていらっしゃるようです。憎まれっ子世にはばかりすぎです(笑)

j0a3kLk6TG3C

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です