周りの友達との比較

私は小学生の時に少年野球チームに所属していました。その頃の記憶としては苦痛で逃げたしたかったことしか思い出せません。なぜかというと私が所属していたチーム内では常に周りの友達と比較され続けてきたからです。幼なじみが少年野球を始めたことからの流れで私も少年野球チームに入ることになりました。小学生の頃、私は身体が小さく、野球をしても遠くに投げれない、打っても遠くに飛ばないので当然レギュラーにはなれずに補欠でした。それでも練習は休まず頑張っていたのですが、段々と母親が私と友達を比較して、「親として恥ずかしいからレギュラーになりなさい」と頻繁に言ってくるようになったのです。その頃から急に野球どころか人間関係すら苦しくなりました。まだ小学生だった私は他に選択肢が持てず、レギュラーをとる為に頑張り続けることしかできませんでした。レギュラーをとれないことよりも母親に怒られたり、悲しまれたりすることが私には大きな苦痛だったのです。大人になった今ではもっと少年野球は自分の意思で辞めていれば良かったと後悔しているくらい悪い思い出しか残っていません。唯一前向きに考えられることは自分が経験して嫌だったことを子どもには経験させたくないと思えることです。

j0a3kLk6TG3C

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です